サラリーがえる緑の名古屋ローカル観光

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年から2009年へ。その2

<<   作成日時 : 2009/01/02 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

みなさま
明けましておめでとうございます。
本年も、サラリーがえる緑の名古屋ローカル観光をよろしくお願いします。


さて、今日は今年最初の映画を観に伏見にある
ミリオン座へ行ってきました。

画像



入り口には門松が立っていました。

画像



ずっと観られずにいた「天国はまだ遠く」を観てきました。

画像


チュートリアルの徳井さんが、メインキャスト(主人公は加藤ローサさん)
で出演していたのですが、演技が自然で感心してしまいました。
昨年観たホームレス中学生の西野さんといい、お笑い芸人さんは
演技がうまい人が多いなぁと思いました。


「天国はまだ遠く」は、原作(小説)がとても好きだったので
映画になって雰囲気が変わってしまったらどうしよう。。。
と思っていたのですが、キャスティングも話の世界観もピタリときて
満足しました。

映画を観ていたら、今回の舞台である京都府宮津市に行ってみたくなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

 新年あけましておめでとうございます。
今年も緑さんのご活躍を期待しています。
夢や笑顔がギュッと詰まった一年になれば
いいですね。

 瀬尾まいこさんの本で『図書館の神様』と
いう小説を少しだけ読んだことがあります。
印象としては文体が柔らかく癒し系の文章
かなと思いました(全部読んでないですが…)

 『天国はまだ遠く』は、まだ観たことが
ないのですが、原作者が同じなので映画の
カラーも似た感じなのかなと思っています。

 映画の舞台に天橋立が出てくるのですね。
逆さに見ると空(天)に橋が架かって見える
ことで有名ですね。なんだか私も京都へ行き
たくなってきました。
「そうだ京都、行こう。」by JR東海(笑)

虹色の夢
2009/01/03 23:01
虹色の夢さん>今年も、名古屋の美味しい物や楽しい場所について
書いて行きますのでよろしくおねがいします。

「図書館の神様」私も読んだ事ありますよ。
 たしか、初めて読んだ瀬尾さんの小説だったと思います。
部分部分の記憶が抜けているので、もう一度読み直したいと思います。

瀬尾さんの小説は、柔らかい文章で深い事を伝えていてすごいなぁと
思いながら読んでいました。

「私も京都、行こう。」(笑)
りょく
2009/01/04 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年から2009年へ。その2 サラリーがえる緑の名古屋ローカル観光/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる